work

履歴書の本人希望欄が好印象になる書き方を解説(例文つき)

履歴書の「本人希望記入欄」について、はじめてのアルバイトだと何を書けばいいか迷ってしまいます。

履歴書の本人希望記入欄には、「特に給料・職種・勤務時間・勤務地その他について希望があれば記入」などと補足書きがありますが、希望給与を書くのはマイナス評価になる可能性があったりと、実は作成にはコツがあります。

そこで今回は、履歴書の本人希望記入欄の役割や採用担当者は何をチェックしているのかについて解説したうえで、具体的に何を書くべきか解説していきます。

本人希望記入欄を正しく書くことで、採用後のトラブルを未然に防ぐことができるため、自身を守るためにも、または面接に合格するためにも正しい書き方をマスターしましょう。

本人希望欄の役割

履歴書 本人希望欄

本人希望欄は、応募者が譲れない条件や特定の希望を記入するための重要な項目です。採用後に予定と違ったというトラブルを避けるためにも、しっかりと希望を伝えます。

具体的には、勤務時間、入社可能時期、希望の勤務地などを書きます。

希望という言葉から、希望給与などを書いてしまいがちですが、印象がよくないため書かないのが無難です。

書くべきことは、事前に伝えておかないといけない譲れない条件に留めます。学校の事情でシフトに入れない曜日などを書きましょう。

例えば「◯曜日は授業の関係でシフトに入れません。」といった学校による事情や、「保育園のお迎えのため、〇時以降はシフトに入れません」など家庭の事情による希望です。

また、持病を抱えている方は、仕事をする上で支障がないことを書き添えた上で記入しておくといいでしょう。

本人希望欄は絶対条件を記載する

採用担当者は、本人希望欄に記載された事項を、実質的な「入社の絶対条件」として受け取ります。

つまり、応募者が軽い気持ちで挙げた「希望」であっても、一旦採用されるとこれらは厳守しなければならないと解釈されるのです。

そのため、企業が提示する条件に沿わない希望が本人希望欄にある場合、その時点で採用される可能性は低くなります。また、すべての応募者の要望に対応することは難しいため、あまりに要望が多すぎるのも採用が遠いてしまいます。

従って、本人希望記入欄には絶対に希望する条件だけを1つか2つだけ明記すべきです。逆に希望を具体的に示すことで、円滑な選考プロセスと、入社後のスムーズな職務遂行が期待できます。

希望がなければ「貴社の規定に従います」と記入する

本人希望記入欄に特に書く内容がなければ「貴社の規定に従います」と記入します。

書く内容がないからと「特になし」「希望なし」と記入するのは失礼な印象や、熱意の低い印象を与える可能性があります。

また「空欄」の場合は、記入漏れと勘違いされる可能性があります。

あくまで、企業のルールに従うという意思表示のために「貴社の規定に従います」と記入しておくのがマナーです。

本人希望欄に具体的に書く内容

履歴書 本人希望欄 書く内容

前述のとおり、本人希望記入欄は入社の絶対条件となる事実を記入します。具体的に記入する内容は、以下の通りです。

  • 連絡の付きやすい時間帯
  • 入社可能時期
  • 勤務日・勤務時間
  • 勤務地
  • けが・病気

連絡の付きやすい時間帯

採用担当者からの電話を何度も取れないと手間をかけてしまうため、電話に出やすい時間帯を記入しておくのがおすすめです。

ただし、連絡のつきやすい時間帯に、電話が何度もつかないとマイナスの印象を与えてしまうので注意しましょう。

例: 「在職中のため、平日〇時以降にご連絡を頂けると幸いです。」

入社可能時期

入社できる時期を具体的に記入することで、「すぐに働きはじめられると思っていた」などの採用担当者の勘違いを防げます。

仮に前職を退職予定で、退職予定日が決まっている場合は記入するといいでしょう。履歴書の記入どおりに退職できなかった場合、採用が見送られる可能性もあるため、確定している時期を書きましょう。

例: 「退職日:20※※年 〇月 30日 入社可能日:20※※年 △月 1日」

勤務日・勤務時間

具体的な希望シフトを書くことで、企業はスケジュールを事前に調整しやすくなります。

1週間あたりに勤務できる日数や勤務ができない曜日を、具体的に書くことが大切です。

また、学生の場合はテスト期間など長期的に出勤できないスケジュールもあるでしょう。このようなスケジュールについても書いておきましょう。

例: 「大学の授業のため、木曜日は19時以降の出勤を希望いたします。」

勤務地

勤務地が複数あるアルバイトの場合、希望する勤務地を書いておきます。ただし、よほどやむを得ない事情がある場合に限ります。

例: 「母の介護の関係で、〇〇店舗での勤務を希望いたします。」

けが・病気

健康上の理由で事前に伝えたほうがいいことがあれば記載します。身体的・精神的なけが・病気を抱えている場合は、仕事をする上で支障がないことを書き添えた上で記入しておくといいでしょう。

具体的な病名を書く必要はありませんが、面接で聞かれた際には、差し支えない範囲で症状などを説明しましょう。

好印象の本人希望欄を書くポイント

本人希望欄 ポイント

文章の書き方ひとつで、読んだ方の印象がガラリと変わります。以下のポイントを意識すると好印象の文章になります。

  • 完結に書く
  • 数字を使い明確にする
  • 細かく書きすぎない

完結に書く

完結に結論がわかるように書きましょう。回りくどい言いまわしや、過度な挨拶文は不要です。

本人希望欄は、自己PRではなく、あくまでも譲れない条件を提示するのが目的です。できるだけ完結に必要なことだけを伝えるようにしましょう。

書ききれなかった志望動機や自己PRを書く方もいますが、それは本人希望欄ではなく、職務経歴書に補足するか、面接の場で直接アピールするようにしましょう。

数字を使い明確にする

勤務日・勤務時間などを提示する際には、具体的な数字を用いて記入します。

「平日夕方以降はシフトにはいれます。」よりも「平日17時以降はシフトにはいれいます。」のように具体的な数字で示すことで認識違いのトラブルが防げます。

細かく書きすぎない

本人希望欄にさほど条件が少ない人材のほうがありがたいというのが企業側の本音です。とはいえ、事情を加味して採用をせずに、あとあとトラブルになるのを避けたいのも事実。

本人希望欄に希望条件を書くのはトラブルを防ぐうえで双方にとって重要ですが、だからといってあまりにも条件が厳しいのは採用しづらいでしょう。

前述の通り、採用担当者は、本人希望記入欄に記載された事項を、実質的な「入社の絶対条件」として受け取るため、軽い気持ちの希望は書かないようにしましょう。

まとめ

今回は、バイト履歴書の本金希望欄の書き方について解説してきました。最後に要点を整理します。

本人希望欄は、応募者側と企業側でそれぞれ以下のような役割があります。

応募者側:譲れない条件や特定の希望を記入するための重要な項目

企業側:実質的な「入社の絶対条件」

上記のとおり、本人希望欄は企業から絶対条件ととられるため、軽い気持ちの希望は書かないようにしましょう。

具体的に書く内容としては、次の通りです。

  • 連絡の付きやすい時間帯
  • 入社可能時期
  • 勤務日・勤務時間
  • 勤務地
  • けが・病気

具体的な数字を使いながら、簡潔な文章で書きましょう。

おしごと百花では、日本全国で40万件のアルバイト・パート情報を扱っています。

地元の優良企業から大手チェーンまで、数多くの求人情報が掲載されています。また、働き方もアルバイト、パート、社員まで幅広くカバー。育児などで仕事から離れていた方でも自分に合ったお仕事が見つかります。ぜひご活用ください。

関連記事

-work